1. TOP
  2. ポイ活・ポイントサイト
  3. 【2021年7月】『ライフメディア』ポイ活初心者におすすめする理由とお得な登録方法

【2021年7月】『ライフメディア』ポイ活初心者におすすめする理由とお得な登録方法

手軽にできる副業、お小遣い稼ぎとして話題の「ポイ活」をやって見たいけれど、やり方がよくわからない初心者の方へ。

長い説明は省略して、結論からシンプルに説明させていただきます。

ポイ活初心者にわかりやすいシンプルなメニューでありながら、いつでも高還元が期待できる実力派ポイントサイトとしておすすめなのが『ライフメディア』です。

 

ライフメディアに新規登録&広告利用で最大2,600ポイント▼

ポイ活初心者に『ライフメディア』をおすすめする理由

「ポイ活」をこれから始めたい方におすすめは、ポイントサイトの『ライフメディア』です。

その理由となるメリットを8点挙げます。

  1. ライフメディアはお得に会員登録できる
  2. 広告のポイント還元率が業界トップレベル
  3. ライフメディアショッピングデーはポイントが当たるチャンス
  4. クレジットカード発行の高額案件が多い
  5. ポイントを貯める方法が豊富
  6. 毎日だれかに1,000ポイント当たるチャンス
  7. ポイント交換先が15種類以上で豊富
  8. ノジ活・ウエル活・ニフ活でポイント1.5倍

それぞれ詳しく解説していきますね!

ライフメディアはお得に会員登録できる

ライフメディアは、会員登録したときからお得がはじまっています。

入会月の翌々月末までにライフメディアの広告経由でお買い物したり、ゲームなどのコンテンツを利用して5,000ポイント以上獲得し、ポイント交換まですると、最大2,600ポイントがもらえます。

「エッ、5,000ポイント以上獲得するなんてハードル高いでしょ!?」と思ったかもしれませんが、心配無用です!

ライフメディアなら、例えばクレジットカードを1枚発行するだけで5,000ポイント以上もらえる広告がゴロゴロあるので、実はそんなに難しくないんですよ♪

入会特典でポイントをプレゼントしているポイントサイトは他にもありますが、数十円相当と少額だったり、付与する条件が厳しかったりするのがよくあるパターンです。

まずは好条件のライフメディアに登録して、いきなりポイントゲットしましょう!

 

ライフメディアに新規登録&広告利用で最大2,600ポイント▼

登録手順を詳しく知りたい方はこちら

広告のポイント還元率が業界トップレベル

新型コロナウイルス対策の外出自粛で、ネットショッピングやオンラインサービスの利用が増えているのではないでしょうか。

それらをライフメディア経由で利用すれば、各ショップが提供するポイント、クレジットカードの利用ポイントに加えてライフメディアポイントを稼げます(下図参照)。

クレジットカード入会、銀行口座開設、証券口座・FX口座開設、通信回線開設なども、ライフメディア経由で申し込めば、各サービスの入会特典に加えてライフメディアポイントを稼ぐことができます(下図参照)。

主なショップのポイント還元率一覧【2021年7月21日現在】

ショップ名 ポイント還元率
ヤフーショッピング 1.0%
PayPayモール 1.0%
楽天市場 1.0%
Qoo10 1.6%
セシール 4.0%
高島屋オンラインストア 1.5%
大丸松坂屋 5.0%
ピザハットオンライン 1.5%
ORBIS(オルビス) 1.43%
楽天トラベル 1.0%
るるぶトラベル 1.0%
じゃらんnet 1.5%
エクスペディア 4.2%
ノジマオンライン 2.0%
アルペン公式オンラインストア 7.0%
マツモトキヨシ 3.5%
コミックシーモア 8.0%

主なサービス申込、利用のポイント還元率一覧【2021年7月21日現在】

サービス名 ポイント還元額
dカードGOLD 25,000円相当ポイント
イオンカード 4,600円相当ポイント
イオン銀行 キャッシュ+デビットカード 1,500円相当ポイント
@nifty光 20,000円相当ポイント
ソフトバンクでんき 10,000円相当ポイント
楽天証券 4,000円相当ポイント
マネックス証券 FX PLUS 14,000円相当ポイント
ミツウロコでんき 12,000円相当ポイント
スカパー! 3,620円相当ポイント
U-NEXT 900円相当ポイント

 

ライフメディアショッピングデーはポイントがもらえるチャンス

7月5・10・15・20・25・30日の6日間はライフメディアショッピングデー!

あらかじめエントリーして、対象日にいつものようにショッピング広告(※)を利用すると、抽選でポイントが当たるチャンスです。

1回エントリーするだけで簡単に参加できるのがうれしいですね。

※「ご利用金額の●%」と記載されている広告が対象です。「アンケート」「ゲーム」「テンタメ」は対象外となります。

クレジットカード発行の高額案件が多い

ライフメディアへ無料登録

ポイ活で大量ポイントを素早くゲットするなら、クレジットカード発行案件は欠かせません。

あまたあるポイントサイトの中でも、ライフメディアは他を圧倒する高額還元が多く、いつでも頼りになる存在です。

高額案件のクレジットカード一覧《最新情報》はこちらのページでご確認ください▼

クレジットカードを作るならポイントサイト経由が絶対お得!高額案件のカード厳選紹介【2021年7月最新】

ポイントを貯める方法が豊富

ライフメディアは、手出しゼロで手軽にお小遣い稼ぎができるコンテンツがいろいろ用意されています。

ゲームを無料でプレイしたり、サービスに無料登録したり、アンケートに答えるだけでポイントがもらえる案件があるので、手持ちのお金がなくてもポイントを稼げます。

ライフメディアへ無料登録

ネットショッピング以外にもポイントを貯める方法がたくさんあります。

例えば・・・

  • レストランや宿泊予約でポイントゲット
  • デリバリーサービスでポイントゲット
  • カード発行や口座開設でポイントゲット
  • 無料登録などのサービスでポイントゲット
  • アンケート回答でポイントゲット
  • 友達紹介でポイントゲット

面白いところでは、飲食店の覆面調査や通販商品のお試し利用などのモニター案件があります。

誰でも気軽にできるので、お得な案件を探してやってみるといいでしょう。

 

毎日だれかに1,000ポイント当たるチャンス

ライフメディアへ無料登録
毎日1名様に1,000ポイントが当たるチャンス。

エントリーしなくても勝手に抽選してくれるのがウレシイ。

当たればラッキーですね!

 

ポイント交換先が15種類以上で豊富

ポイントを貯める方法を解説してきましたが、せっかく貯めたポイントをキッチリ無駄なく使えなければ意味がありません。

その点も、ライフメディアなら安心です。

ライフメディアポイントを現金化できる(交換手数料無料)

1ポイント=1円として、現金と交換できます。

国内のほぼすべての銀行(ゆうちょ銀行を含む)、信用金庫の口座に現金振込できます。

ポイント交換手数料が無料なのは嬉しいですね。

ライフメディアポイントを手数料0円で電子マネー、ポイントと交換できる

1ポイント=1円として、500ポイントから各種電子マネー、他社ポイントと交換できます(一部例外アリ)。

下記のギフト券、電子マネーなどと手数料0円で交換できます。

▼一部抜粋して掲載▼

  • App Store & iTunes ギフトカード
  • amazonギフト券
  • Google Play ギフトコード
  • Pontaポイントコード
  • nanacoギフト
  • 楽天Edy
  • dポイント

ライフメディアポイントの有効期限は最終ポイント獲得・交換日から12ヶ月間

ポイント自体に有効期限はありません。

しかしながら、ライフメディアでポイント獲得またはポイント交換してから12ヶ月間、利用がなかった場合はポイントが失効します。

ライフメディアのアカウント(会員登録)は継続して利用できます。

お買い物やゲームなどでライフメディアを日常的に利用していれば、消えてしまう心配はありません。

ポイントが失効しないように、少なくとも毎週1回はサービスを利用しましょう。

そして、貯まったポイントを毎月チェックして、こまめに交換されることをお勧めします。

ノジ活・ウエル活・ニフ活でポイント1.5倍

ライフメディアなら、ポイ活初心者でも「ノジ活」「ウエル活」「ニフ活」で、いきなりお得を実感できます。

例えば1,000ポイントをノジマスーパーポイントと交換すれば、1.5倍の1,500ポイントになるのです。

ポイントを上手に活用すれば、暮らしにゆとりが生まれますね♪

「ノジ活」って何?

ノジ活とは、ライフメディアポイントをノジマスーパーポイントに交換すると、1.5倍に増量されるお得な活動のことです。

ノジマスーパーポイントは、関東と中部地方で店舗展開している家電量販店ノジマの実店舗で利用できるポイントです(ノジマオンラインでは利用できません)。

ノジ活をすると、例えばこんなお買い物ができちゃいます♪

「ウエル活」って何?

ウエル活とは、毎月20日にウエルシア薬局の系列店舗で開催される「お客様感謝デー」で、お得に買い物することをいいます。

毎月20日に限り、代金をTポイントで支払うと、1ポイントが1.5円相当として計算されるのです。つまり、店内の商品がすべて33%オフになります。

基本的に例外となる商品はなく、化粧品やお酒のような高額商品も一律に扱われるため、お得感がハンパないです!

ライフメディアポイントをTポイントに交換するには、別のポイントサイトを経由します。

 

  • PeXの会員登録が必要です
  • Tポイント交換にはTカード番号が必要です

  • ドットマネーの会員登録が必要です
  • Tポイント交換にはTカード番号が必要です

「ニフ活」って何?

ニフ活とは、ライフメディアポイントを@nifty(アットニフティ)使用権に交換し、@niftyのインターネット利用料金をお得に支払うことをいいます。

ライフメディアのポイントを@nifty使用権に交換するだけで、現金換算で1.5倍に増量されるので大変お得です。

ニフ活をするには、インターネットプロバイダーの@niftyが提供する光回線=「@nifty光」を利用することが前提となります。

「@nifty光」を利用中でなければ、乗り換えを検討してみるといいかもしれません。

 

ライフメディアのデメリット

筆者が感じているライフメディアの残念な点

正直なところ、ライフメディアにこれといった不満はありません。

派手さはないものの、堅実で安定したイメージがあり、還元率がしっかり高いのは安心できるポイントです。

いろんなジャンルの稼げるコンテンツがバランスよくあり、お買い物でポイントを貯めたい人も、ゲーム・アンケート・商品モニターで貯めたい人も満足できると思います。

強いて言えば、高額還元がいつまで続くのか心配なことぐらい。

ポイントサイト業界のリーディングカンパニーとして、この勢いをずっと保ってもらいたいです。

ライフメディアをおすすめしない人

次のような人はポイントが稼げないのでおすすめしません。

  • ネットショッピングを利用しない人
  • クレジットカードを新たに作りたくない人

【ライフメディアのメリット&デメリットまとめ】ライフメディアならポイ活を楽しく続けられる

ライフメディアに限りませんが、ポイ活で稼ぐには、日々情報収集してお得な案件の数をこなす必要があります。

そうしなければ、一時的に稼いだだけで終わってしまい、継続的にポイントを獲得できないからです。

とはいうものの、「三日坊主で続けられない」という人でも大丈夫!

ライフメディアには高額還元の広告が盛り沢山なので、無理をしなくても、ふだんのお買い物とセットで続けられます。

そして、いつの間にかポイントがザクザク貯まっていることに気づくことでしょう。

忙しくてお得な情報をチェックする時間がないという人には、ライフメディアからメールマガジンが届くのでうっかり見逃す心配がありません。

ということで、簡単に副業、お小遣い稼ぎをするならライフメディアで間違いなしです。

ライフメディアに会員登録してポイントをもらう方法

1.下のバナーをタップして、ライフメディアのページを開きます。

 

ライフメディアに新規登録&広告利用で最大2,600ポイント▼

2.無料会員登録のボタンを押して、会員登録ページを開きます。

3.メールアドレスの入力欄がありますので、お持ちのメールアドレスを入力して送信します。

4.登録メールアドレスに仮登録メールが届きます。

発信元:lifemedia@imi.ne.jp

メール本文内のURLを開いてください。

5.本登録を行います。開いたページの指示に従って各項目を入力してください。

6.入力確認画面で内容を確認し、誤りがなければ『登録する』ボタンをクリックします。

7.会員登録完了のメールが届きます。メールの内容を確認してログインしてください。

8.ログインできたら、さっそくライフメディアのサービスを利用しましょう。

お買い物をしたり、無料のゲームやアンケートの回答でポイントをゲットしてください。

ライフメディア経由でお買い物してポイントを貯めるまでの手順

1.ライフメディアのサイトにログインします。

2.ライフメディアのサイトの検索窓にショップやサービスの名称(「楽天」「ヤフー」「ペイペイ」など)を入力して検索します。

3.検索結果の中からお目当てのショップをタップします。

4.注意事項を読んで、ポイント獲得条件をしっかり確認します。

5.「ポイントを貯める」ボタンを押すと、該当ショップのサイトが開きます。

6.商品購入やサービスの予約等を行い、クレジットカード等で決済します。

7.各ショップの取り決めに応じて、ポイント獲得予定明細、ポイント加算が行われます。

※ポイント加算まで数カ月かかることがあります。

※1から6の操作を続けて行ってください。途中で他のサイトを開くなどした場合、リセットされてポイントが付かない恐れがあります。

ポイントを確実にもらうために注意すべきこと

操作の順番を間違えると、ポイントが正しくカウントされず、ポイントをもらい損ねることがあります。

例1.楽天市場で商品を購入する場合

正しい操作手順

1.ライフメディアにログインする。

2.ライフメディアから楽天市場のページへ移動する。

3.楽天市場のページで商品を買い物かごに入れて決済する。

誤った操作手順

1.楽天市場のページで商品を買い物かごに入れる

2.ライフメディアにログインする。

3.ライフメディアから楽天市場のページへ移動する。

4.1で買い物かごに入れた商品を決済する。

ライフメディアからショップのページへ移動したのち、買い物をはじめることを守ってください。

順番を間違えたり、わからなくなったときは、買い物かごの中身をすべて削除して、操作を最初からやり直せば大丈夫です。

例2.楽天市場のA店とB店で続けて買い物したい場合

この場合、A店とB店は別々に決済する必要があります。

1.ライフメディアから楽天市場のページを開き、A店で買い物して決済まで完了させる。

2.楽天市場のページを一度閉じる。

3.ライフメディアから楽天市場のページを開きなおして、B店の買い物をします。

※楽天市場を例にしましたが、ヤフーショッピングなど他のショッピングサイトでも同様に操作すれば大丈夫です。

 

ライフメディアに新規登録&広告利用で最大2,600ポイント▼

ライフメディアとは

ライフメディアの特徴

ライフメディアは、インターネットプロバイダーで有名な株式会社ニフティが運営するポイントサイトです。

お買い物や旅行予約をライフメディア経由で行うだけで、ポイントを上乗せすることができます。

貯めたポイントは現金、電子マネー、ギフト券など、種類豊富な交換先があるため、誰でも簡単にポイ活を始められます。

ライフメディアが安心な理由

  • プライバシーマークを取得している
  • 20年以上の運営実績がある老舗
  • 会員登録数は300万人以上
  • メジャーなポイント交換先が15種類以上

入れ替わりが激しいポイントサイト業界の中で、ライフメディアはトップクラスの会員数を誇っており、人気も常に上位にあります。

 

ちっとも怪しくない!ポイントをもらえる理由

「カンタンにポイントがもらえるなんて胡散(うさん)臭い!」

「ポイントサイトってなんだか怪しい!?」

そう思っている人がいるかもしれませんが、まったくの誤解です。

誰もが知っている例でいうと、「民放のテレビ番組を無料で見られるのと同じ」と言えば納得するのではないでしょうか。

それは広告(CM)のおかげなのです。

たくさんの会員を抱えているポイントサイトは、大勢の視聴者がいるテレビ番組のようなものです。

広告主は、宣伝効果が高いポイントサイトに多額の広告宣伝費を支払って出稿します。

ポイントサイトはその広告宣伝費をポイントとして会員に還元し、魅力あるコンテンツで会員をさらに増やしているのです。

そういう仕組みなので、安心して利用してくださいね!

 

ライフメディアでポイ活をはじめよう!

最近「ポイ活」という言葉をよく聞くようになりました。

ポイ活とは「ポイント活動」の略語で、ポイントを積極的に貯めて次のお買い物で活用することをいいます。

テレビ番組の

  • 「マツコの知らない世界」(TBS系)
  • 「ヒルナンデス」(日本テレビ系)
  • 「ソクラテスのため息」(テレビ東京系)

で紹介され、番組出演者から「こんなに得するやり方があるなんて知らなかった!」と感嘆の声があがっていましたね。

消費増税や新型コロナウイルスによる経済の停滞などで庶民のフトコロが厳しい今、ポイ活がブームになりそうです。

ほんのひと手間でポイントが貯まる「ライフメディア」などのポイントサイトを利用して、暮らしにゆとりと豊かさを手に入れましょう!

 

ライフメディアに新規登録&広告利用で最大2,600ポイント▼

\ SNSでシェアしよう! /

エンジョイ!鉄道模型.com[鉄道模型で遊ぼう会]の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エンジョイ!鉄道模型.com[鉄道模型で遊ぼう会]の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

溝口 光徳

溝口 光徳

1971年1月生まれ、大阪府在住の鉄ちゃんです。本業は乗りテツですが、ひょんなことから「鉄道模型で遊ぼう会」を主催しています。2004年にJR全線完全乗車達成。現在はJR以外の鉄道全線完乗を目指して活動中。鉄道旅行サイト「乗りテツねっと」を主宰。
保有資格:総合旅行業務取扱管理者、アプリケーションエンジニア、システム監査技術者