1. TOP
  2. はじめてのNゲージ
  3. 鉄道模型ジオラマ制作になかなか取り組めない人におすすめのはじめ方4つ

鉄道模型ジオラマ制作になかなか取り組めない人におすすめのはじめ方4つ

 2017/08/02 はじめてのNゲージ   62,861 Views

鉄道模型をお座敷レイアウトで楽しんでいる人の多くは、「いつか本格的な鉄道ジオラマ(レイアウト)を作りたい!」と願っているのではないでしょうか。しかし実際に作るとなると、設置場所や費用の問題、ノウハウの習得、「うまくできるだろうか?」という不安などから、なかなか手を付けられないのが現実だと思います。そんな方はゼロから自作するのではなく、リスクの少ない方法ではじめてみませんか。

鉄道模型ジオラマ制作を無理なくはじめる方法

1.ジオラマ制作の雑誌を定期購読する

私たちの鉄道模型運転会の会場に置いている小さなジオラマ。

ショーケースの下に書いてある通り、これは「週刊SL鉄道模型」(講談社)という雑誌の付録を組み立ててつくったものです。

全70巻ですから完成までに70週間=つまり1年半ちかくかかります。

購読者いわく、全部そろってから数日でつくったそうですが(笑)

600×450mmのコンパクトサイズながら、ポイント3カ所と転車台まで備えた本格派!

とはいえ、全巻の購入金額はおよそ12万円。組み立ては自分でしなければなりませんから、安いのかどうかは微妙な感じです。

でも、途中でやめるのはもったいないし、必要な材料はそろっているので、初心者でも無理なく完成させることができそうです。

2019年12月現在、こちらでバックナンバーを購入することができます。

2.レイアウトベースキットを利用する

レイアウトベースキットとは、山や川といった地形が作り込まれたベースの上に、線路を敷いたりストラクチャー(建造物)を置いたりして自分好みのジオラマを製作できる半製品です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レイアウトベースキット【TOMIX・8018】「鉄道模型 Nゲージ トミックス レイアウト」
価格:8041円(税込、送料別) (2019/12/3時点)

楽天で購入

 

 

線路の配置は決められた通りにするしかありませんが、ベースがあるので作業を始めやすく、完成した姿がイメージしやすいメリットがあります。

サイズは920×700×200mmで、先ほどの「週刊SL鉄道模型」の1.5倍程度のサイズです。しかも変形8の字のコースで走行距離を稼いでいるので、運転を楽しめるレイアウトになってます。

ベース以外の材料はすべて買いそろえる必要がありますが、自作にこだわりたい人が練習用に取り組むのに最適です。

桜が咲く農村や、紅葉の山、雪景色など、自分好みで季節や景色を演出してみてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

建コレ005-3 農家E3【トミーテック・253488】「鉄道模型 Nゲージ TOMYTEC」
価格:1122円(税込、送料別) (2019/12/3時点)

楽天で購入

 

 

3.工具を使わないお手軽レイアウトを作ってみる

既製品のレイアウトボードと芝生シート、線路、建物、情景パーツなどを両面テープで貼り付けるだけのお手軽レイアウトを作ってみましょう。

「こんな簡単で大丈夫かな」と思うほど簡単ですが、それなりに情景が再現できますよ!

詳しくは下の画像をタップしてください▼

鉄道模型ジオラマなのに接着剤不要!両面テープと芝生シートだけでお手軽レイアウトを作ってみた

4.完成品のジオラマを購入する

いきなり自作は難しいと感じている方や、見映えを妥協したくない方は、思い切って完成品を購入するという手もあります。

たとえばこちらの完成品。

 

パワーパックとDCフィーダーは別途必要ですが、パワーパックはいまお持ちのものを付け替えれば新たに買う必要がありません。先ほどの「週刊SL鉄道模型」と同じ60cm×45cmのサイズですが、価格は税込み44,000円です(2019年12月3日現在)。

材料費や自分でつくる手間を考えると、かなりお買い得だと思います。

※カーブ半径が短いため、路面電車など車体が短い車両のみ走行できます。

もし置き場所を確保できるのであれば、本格的な複線運転ができるレイアウトも購入できます。

 

自分で作る楽しみこそありませんが、リアルな情景レイアウトが自分の部屋にあるだけでうれしくなりますよね♪

1200×600mmですから、たたみ一畳(1800×900mm)に余裕で収まるサイズです。

まずは完成品を自室に置いてイメージをふくらませてから、自作のジオラマに取り組むというのも賢いやり方といえそうです。

大きさと値段が手ごろな展示用ジオラマもあります

レイアウトが欲しいのはやまやまだけど、奥行きのあるレイアウトを置く場所がない、という方もいらっしゃると思います。

そんな方には小スペースで情景を楽しめる展示台がおすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Nゲージ鉄道模型用展示台E 【洗浄機とヤード3線路】●注文製作●
価格:6600円(税込、送料別) (2019/12/3時点)

楽天で購入

 

 

 

この他にもいろいろな情景のレイアウトが販売中ですので、どんなものか一度ご覧になってください。

▼下の画像をタップすると「コレクターズショップ サザン」のページが開きます

自室に鉄道風景がある日常をはじめよう!

自分好みのジオラマ制作にこだわるあまり、なかなか作りはじめられない人が多いと思います。

最初から完璧を目指さずに、まずはできることから手を付けて見ませんか?

見栄えを妥協したくない人は、プロが制作するジオラマを購入してみるのも有効策といえます。

いつまでも考え込む悪循環から抜け出して、ワンランク上の鉄道模型ライフを楽しんでください。

\ SNSでシェアしよう! /

エンジョイ!鉄道模型.com[鉄道模型で遊ぼう会]の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エンジョイ!鉄道模型.com[鉄道模型で遊ぼう会]の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
大阪開催!誰でも参加OKのオープンな鉄道模型運転会

メールマガジンで最新情報をお送りします


エンジョイ!鉄道模型.comでは、「鉄道模型で遊ぼう会」などのイベント情報や最新記事の情報をメールマガジンでお届けしています。まだ購読されていない方は、無料ですのでぜひご登録ください!


大人も子供も楽しめる『鉄道模型で遊ぼう会』



次回の開催予定はこちら!

ライター紹介 ライター一覧

溝口 光徳

溝口 光徳

1971年1月生まれ、大阪府在住の鉄ちゃんです。本業は乗りテツですが、ひょんなことから「鉄道模型で遊ぼう会」を主催しています。2004年にJR全線完全乗車達成。現在はJR以外の鉄道全線完乗を目指して活動中。鉄道旅行サイト「乗りテツねっと」を主宰。
保有資格:総合旅行業務取扱管理者、アプリケーションエンジニア、システム監査技術者